2014年1月のエントリー 一覧

ヤフオクの出品にトライ!!

  • 更新日:
更新をサボって、こんな事に真剣になってました。
新規開業資金集めの、ヤフオク出品です。


移住前に、不用品や特級酒などの処分に少し利用しただけで出品はほとんどした事がありませんでした。
リンクなどオークション規約違反にならない範囲で頑張ってつくってみました。
本当は、YouTubeを貼り付けたかったのですが違反っぽいのでやめました。。。
もし良かったら覗いてください。熱中感満載です(笑

ヤフオク本文に貼れなかったので、こちらに貼り付けます!!!!

お別れになっちゃうリトルジャマープロ


焙煎機の動作確認


宮古島は、寒かったり暖かかったりです。あと一回寒いのが来て冬が終わればいいのですが・・・二回かな???

東京ローヤルの焙煎機メンテナンス日記です。

  • 更新日:
焙煎屋さんを開業するつもりで購入した半熱風タイプの焙煎機ですが、宮古島で採算がとれるか?考えた結果断念する事となり売却する事にしました。
DSC_0153.jpg
DSC_0154.jpg
DSC_0146.jpg
DSC_0148-2.jpg

こんな感じのコーヒー焙煎機です。
頑張って塗装したり、分解清掃して組み立て直した状態です。

実際分解して清掃が一番大変でしたが、キレイな写真ではないので組み立ての状況をアップしていきます。
まあ、この機械が何台存在しているか不明ですので、誰かの参考になるか分かりませんが何かの助けになれば幸いです。

まず、釜を取り外して清掃&600度まで耐熱の黒色塗料を塗った状態です。外面と排気の部分(内側)を塗装しました。金色のダンパー部分は、そのままです。
モーター部分は、600度耐熱の銀色で塗りました。元の外側の色は緑でした。
DSC_0006.jpg
下の画像の黒い部分の一番深い部分が排気・冷却のダンパーになります。現状は排気になっています。左側の黒い部分の見えない内側にシッコロファンがあり排気を吸い込んで排出します。写真下側の金色のダンパー調整レバーを動かすと空気の流れが変わり、この写真には少ししか写ってない(右側の網網の丸い場所)豆の冷却槽から空気を吸い込むようになります。

DSC_0001.jpg
排気された空気は、下の写真中央右の金色の穴から排出されます。ここに煙突を取り付けるのですが、煤を分離するサイクロン(ロケットを逆さまにしたようなもの)を取り付けたりします。また、市街地で排気のコーヒーの匂いが迷惑になるような場合は、二次焼却用のバーナーなどを取り付けます。単純に無駄にもう一度燃やす事で匂いも燃やしちゃえ見たいな物です。エコじゃないです。
DSC_0008-2.jpg
これが、先ほど少し触れた焼きあがったコーヒー豆を冷やす場所です。網網に上から空気が吸い込まれるので効率良く冷却できます。かき回すためのブラシのようなものは、洗浄のため外してあります。
DSC_0009.jpg
これが、釜の周りのステンレスのパーツです。写真左上の通路のような部分は、排気の通り道になります。
DSC_0012.jpg
下の二枚の写真は、釜を支えるサイドのアルミ板です。塗装をするか迷いましたが、アルミは塗装が付着しにくいので熱膨張などで剥がれてしまう可能性が強いため塗装しませんでした。アルミの色がコーヒーで少し黒くなってきたらカッコよくなると思います。
DSC_0013-2.jpg
DSC_0015.jpg
先ほどのステンレスのパーツに、排気の通り道となる部品を取り付けました。左側の穴はのぞき窓です。清掃用かもしれません。
右側の穴に排気が流れていきます。
DSC_0019.jpg

さて、準備ができたところで組み立てです。
ステンレスのパーツを本体に取り付けます。両脇に二箇所ずつで4個のネジで固定します。
DSC_0020-2.jpg
DSC_0023.jpg
先ほどのアルミのパーツを長い4本のネジで挟み込むように取り付けます。ステンレスのパーツとジャストサイズなので、結構形を合わせるのが難しく真剣になり過ぎました。
撮影を忘れて閉じてしまったてから撮影しました。
DSC_0026.jpg
DSC_0028-2.jpg
ステンレスのパーツの内側はこんな感じです。中央の穴は、釜の軸が入る場所です。

DSC_0031.jpg
清掃用の穴です。ブロンズカラーの600度対応の塗料で塗装しました。裏側は黒で塗装です。
DSC_0046.jpg
DSC_0045.jpg

次は、ガスバーナーの取り付けです。プロパンガス用に改造予定で購入しましたので、現在は都市ガス用です。13Aと思われます。
この中央で爪楊枝をさしてある部分が、ノズルと呼ばれる部分です。爪楊枝の刺さる深さから、0.8ミリと予想できます。写真下の部分で少しピンボケしてる部分は、点火用のスパークする部分と種火となるバーナーです。
DSC_0057.jpg
爪楊枝の汚れてる部分が穴の大きさです。
DSC_0061.jpg
これは、おそらく後付のガス圧のメーターです。火の大きさを、数値で把握できるので便利だと思います。都市ガスで3Kは必要ないかも?プロパンに改造しても使えるので、これで良いのかもしれません。
DSC_0059.jpg
名称が分かりませんが、火が出る部分です。穴が28個開いています。ちなみに下の台は、陶芸用の電気釜です。へんてこな物ばかり持ってます。
DSC_0063.jpg
穴の大きさは、約4ミリです。もしプロパン用に改造する時がある場合、この大きさも確認する必要が出てきます。
DSC_0065.jpg
さて!!!取り付けです!
中央まで押し込んで
DSC_0069.jpg
ネジ止めで燃える部分は取り付け完了です。チタン色に塗装しました。600度耐熱ですが錆止めの意味合いです。
DSC_0071-2.jpg
主要部品を差込ネジ止め二箇所+ステーと固定で完了です。
DSC_0075.jpg
プロパンの設備しかないので、火種のバーナーの一調整はできませんでした。念のため少し遠めの位置に固定しあります。
DSC_0078.jpg
さて、点火テストです。無理やりのプロパンガスでのテストですので、きれいな炎とかは期待できません。プロパンガスは圧力が都市ガスの倍あるようです。また、カロリー自体も違い燃焼温度もぜんぜん違います。
中華料理屋さんなどが、都市部でもプロパンガスを使うのは、火力を得たいかららしいです。
と言い訳が済んだところで、プロパンガスから都市ガスのパイプの大きさに変換するホースを作りました。
テスト用ですので、真似しないで下さい。
DSC_0101-2.jpg
差し込んでテスト! ふぁいやー(都市ガス仕様をプロパンでテスト)
DSC_0088.jpg
DSC_0092.jpg
DSC_0093-2.jpg
圧力計も動いてます。
DSC_0097-2.jpg
DSC_0098-2.jpg
一番重要な釜の取り付けの番が来ました。実際一調整も穴の目印に合わせればOKだし、苦労は無かったです。保護用テープは、外して取り付けます。
これが釜です。非常に重いです。
半熱風式を簡単に説明します。下から直接釜をバーナーで暖めてフライパンで豆を煎るようにコーヒーを焙煎するのが半分。そして、暖めた熱風が写真の網の部分を通り網の反対側に流れていきます。その熱風でコーヒー豆を焙煎するのが半分で良いとこ取りで焙煎する方式です。
直火は、個性を主張できる焙煎方法で、熱風は安定です。中途半端な焙煎といえばその通りですが、下手な個性主張よりマシなケースが多いのでは??と思っております。
DSC_0033.jpg

DSC_0037.jpg
釜の取り付け方法は、下の写真の中央の穴に、釜の網の付いたほうを差し込みます。
DSC_0076.jpg
そして、ベアリング付きの軸受けを取り付けます。
DSC_0104.jpg
そして、反対側(通常の利用では正面です)の部品を取り付けます。この部品の写真を撮り忘れていたようです。元は金色の塗料が剥げた状態でした。取り外し、チタンカラー600度耐熱の塗料で塗装しました。
DSC_0106.jpg
軸受けを取り付けて、取り付け完了です。
DSC_0109.jpg

次はシッコロファンです。排気用の換気扇のような部品になります。これは、シッコロファンの入る場所です。キレイに塗装しました。
DSC_0080.jpg
耐熱性が必要なのでしょう!鉄製のファンです。これも黒600度耐で塗装しました。
DSC_0086-2.jpg


画像を撮ってませんでしたが、分解してこの写真の中央のプーリーの位置を調整しました。少しモーター寄りにしました。これでベルトが外れる事は無いはずです。
DSC_0116.jpg
ベルトを新品に交換しました。なんとモーターを外さないと交換できない構造です。しかし、大した事ではないです。
DSC_0118.jpg
回転の調整をするプーリーを取り付けます。こんな大きい部品ですが、軸のネジをクルクル回しながら差し込むだけです。

DSC_0124.jpg
次は、豆の冷却に動力を伝えるギヤの取り付けです。
こちらのベルトも新しいのに交換しました。先にまわしとかないと、やり直しになります。
DSC_0125.jpg
写真上部の二枚の金属が擦れる場所に、バネ付きの部品が付きます。これは、カチャカチャと気持ちよい音を出すための部品です。ストッパーの役割も少しあるようです。
写真中央の軸に、完成時にはストッパーのネジが付きます。
DSC_0126.jpg
残りの細かい部品を取り付け完成です。
DSC_0153.jpg

今回のメンテナンスで未完成なのが、温度計の熱伝対のラインが切断されていました。注文したので、後ほど交換します。アズビル社のデジタル指示調節計のSDC?15のテストも後ほど行います。
基本的にプログラムが可能な機械なので、単純に温度計で使うのは勿体無いような?きっと複数の熱伝対対応なはずなので熱伝対を追加して、排気温度なども測定したいですね。
あとは、前にも書きましたが、都市ガスの仕様なので種火のテスト及び調整ができませんでした。

あとは、排気ダンパーが無いので、自作したいですね。取り付ける場所は豆の投入口の近くか?清掃用の穴の近辺が良いでしょう。簡単なはずです。
ベルトなど動力の周りに安全対策として、ネットが欲しいですね。これも簡単でしょう。
電気系のコンセントなどを加工したいですね。しかし、SDC?15を活用するなら、必要なくなるので使う方しだいなので下手にいじらないほうが良いかもしれません。
l個人的に、黒に色を塗り替えましたが、レバーのボールが好きではありません。木製でニス塗りのレバーに交換したいです。
あと、冷却用ブラシが鉄製です。意味があるのかも知れませんが、ステンレスに替えた方が楽だと思います。

メンテナンスして感じましたが、まだまだ現役で頑張れる機械ですし愛着をもてると思います。
ってか、売りたくなくなってきてます・・・・

焙煎機、メンテナンス日記でした。


追記
プロパン使用に改造するためには、まず、ノズルの交換が必要です。数千円だそうです。必要かどうか分かりませんが、火が出る穴の大きさの調整が必要になる可能性があります。
この機械は、60Hz地域での利用に調整されています。50Hzでの利用の場合、回転速度の調整のために、プーリーの交換が必要だそうです。数千円だそうです。
DSC_0116.jpg
このプーリーだと思います。






















予約の話

  • 更新日:
豆に更新!

最近の予約の傾向になりますが・・・・・
4月の予約など、よんなよんなが31日の内の16泊がご予約済みです。
ぬかぬかは!!!!ぬぁんと22泊のご予約です。

ぬかぬか逆転!!!喜んでよいのか?
4月で両方とも半数以上なので上等です。

しかし。。。。。。2月の予約率が、現状過去最低かもしれません。50パーセントはいって欲しいところですが。
宮古島の観光業系で新石垣空港の影響を訴える人が多い状況で何の違和感も無く営業していましたが、やっぱり影響してるのかな??などと弱気になってしまいます。
相変わらず、よんなよんなの楽天の口コミが増えないですし(ホームページの予約しか入らないから仕方ないです)、
ぬかぬか!!

ぎゃー お二人がコメントしてくれてました。・・・・投稿者様ごめんなさい。 ありがとうございます。

営業努力が足りないようです。反省・・・・・

今日は暖かかったので、ぬかぬかご宿泊のお客様が様がバルコニーで楽しそうにバーベキューをしてました。ちびちゃんの楽しそうな笑い声は、癒されますね!
明日は、売却予定の焙煎機のメンテナンス日記でいこうと考えてます。
ブログにアップしといて、ヤフオクからリンク張ったら駄目なのかな?ヤフオク出品は久しぶりなので、すっかり忘れております。調べないとですね。
個人的に、出品はあんまり好きではないんですよね。。。売りつけるようなイメージがして・・・・
購入に関しては、カテゴリー違いで値段が上がらない商品狙ったり安く買うことに本気になれるんですけどね。これも性分なんでしょうね。

しかし、少しでも高く買ってもらいたいと自分なりに考えて、バッチリメンテナンスして包隠さず得意げに画像アップ作戦でいきます。
とりあえず頑張ります!

うえすや オープン

  • 更新日:
とってもいい感じの、あゆむー ↓↓↓この絵の人
1384495892055.jpgのサムネイル画像
が、Cafeをオープンしました。 うえすやー です。以前はギャラリーをしていたそうです。

1389277046334.jpg
1389277058228.jpg
1389277069361.jpg
何が良いのか上手く説明できませんが、いい感じの店内ですよ。
センスなんでしょうね。。。。
ほっとしたい時に、私も通うと思います。

宮古島には亡くなったペットの火葬炉が無いんです。
産業廃棄物処理場にあるらしいですけど、メモリアル的な意味合いでは無いでしょうし。。。。
愛犬ティダお嬢様を猫可愛がりし、老猫15歳も一緒に暮らしてる私としては不安で不安で・・・・・・・・
庭に埋めたり海に流したり海岸に埋めたりの地元の方々が火葬に関心を持つか未知数ですが、トータルサービスとしてペットメモリアル業を始めることにしました。
現在火葬炉の中古を購入して、発送準備をしてもらってます。炉だけを運ぶと9万円、軽トラックを購入して荷台にのっけて一緒に運ぶと7万3千円!
軽トラも買っちゃいました!!!火葬炉を売ってくれた方が、車屋さんで格安で譲ってくれました。感謝感謝です。
メモリアル業は良い印象の仕事では無いでしょうけど、遣り甲斐を感じれる仕事になると期待しています。

お金が足りないので、焙煎機をキレイにメンテナンスして売却します。
分解して塗装したり、磨いたり!!
をして3日になります。
んー 愛着が湧いてしまって
売りたくない・・・・
困りました!

新年から、突っ走ってます!!!!





明けましておめでとうございます!!!

  • 更新日:
あれ?あれ?あれ?と慌しく過ごしているうちに、新年になってしまいました。

2015年 2014年新年明けましておめでとうございます。

早いのか?遅いのか?分からないまま、移住3年が過ぎてしまいました。しかし何とかの上にも3年なのか分かりませんが、模合(もあいhttp://www.asahi-net.or.jp/~qk3m-knk/oki-zatu06.htm)にも二つ参加させていただけるようになりました。毎月。お通りにやられて三日酔いしております。
また、修理で上架しっぱなしですが、ヨット(おんぼろですけど)も宮古島ヨットクラブの正会員になりました。春に毎年恒例の台湾レースに今年も参加予定です。
なんて書くと宮古島移住生活を満喫しているように勘違いすると思いますが、実際は仕事仕事そして仕事の毎日です。大好きなヨットも半年以上乗れず久々に正月に乗りました・・・・スノーケリングなんて一回だけ!!
観光でのお客様が行くような高級な店になど行った事がないし、毎日大工的な仕事ばかりなので、服はボロボロ!暖かい時期は、かりゆし、アロハ、短パンでOKですが、寒くなる3ヶ月間は誤魔化しようが無いので、ペンキの付いた服でお出迎えの日も・・・・

今年は、余裕のある生活目指して頑張ろうと思っております。
頑張らない事が余裕なのかもしれませんけど・・・・

第一弾として、ペット産業の新規事業をOPEN予定です。
これで金銭的余裕が少しできればいいのですが、どうなる事やら分かりません。
しかし、感謝されたりする仕事なので、頑張っていけると思っております。

こんなな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。

年末からお正月までの写真を並べてみます。

DSC_0004.jpg
よんなよんなの庭部分に看板をつけました。
IMG_20131221_123016774.jpg
使わなかった一枚を、リビングの階段の壁に取り付けてみました。
DSC_0003c.jpg
何気に撮った写真!
IMG_20131221_130000520.jpg
メリークリスマス 来年は買い替えかも?落ち葉のようにビニールの葉っぱが落葉してる・・・・

DSC_0093.jpg
フルーツコウモリですー 宮古島では、市街地にもたくさん生息しております。大きいけど怖くないですよー

IMG_20140101_163550375.jpg
狩俣方面で撮りました。冬なのに、元気でしたよ!
IMG_20140102_154126518.jpg
ヨットで船の上から撮影しました。2015年初乗りです。大先輩所有の、トリマランのヨットです。
DSC_0074.jpg
何気にいい感じに撮れていたので、採用しました。。。。
DSC_0086.jpg
うさぎ????
DSC_0017.jpg
愛犬ティダです!!!


今年も、よろしくお願いします。今年こそ、豆豆豆に更新!!!!!





このページの上部へ

プロフィール

よんなよんな

2012年7月に、一棟貸しコテージ よんなよんなをオープンしました。こちらもよろしくお願いします。2010年10月に移住して、思惑とは逆方向に全速力で走ってしまいました。今度こそ、ゆっくり!よんなぁーな日々が訪れる予定なので、ゆっくりーのんびんりーぬるーい生活を書いていきます!!!

ぬかぬか

2013年7月にオープンした3人様までの貸切宿、ぬかぬかへのリンクです。少人数でもリーズナブルに面白くご宿泊できるようリノベーションしました。






川島大助のFB

スマフォに対応

3Dバーコードをクリック又は読み取りしてください。

スマフォのアドレス

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSC_0025.JPG
  • 2218-524.jpg
  • DSC_0736.JPG
  • よんなよんな 宿泊 宮古島 貸し別荘 コテージ 海 (1).png
  • DSC_0019.JPG
  • 20140704111236.jpg
  • DSC_0613.jpg
  • DSC_0677.jpg

最近のコメント