2014年9月のエントリー 一覧

金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P8

  • 更新日:
クラッチケース

次はクラッチケースです。
前進、後進、ニュートラルをギヤで切り替える部品です。
DSC_0613.jpg
この部分です。
DSC_0683.jpg
DSC_0685.jpg
ボルトを外して、パッキンをバーナーで軽く炙って何とか取れました。
ヤンマーの方も、弄らない方が無難と言っていたので、ソットしときます。

本体は!!
DSC_0687.jpg
こんな感じです。錆びてます・・・・

まずは
DSC_0688.jpg
タンパディスクを外します。 水が入ったようですね。朽ちてなくてよかったです。
ボルトは6本だったような?写真に入ってませんね。
DSC_0690.jpg
フライホイールが全部見えました。
中心の5本のボルトを外します。
DSC_0719.jpg
これも、重たいし、固まってるしで簡単ではありませんでした。
が!無事外せました。

シリンダブロック下の、オイルパンを外します。
DSC_0723.jpg
DSC_0721.jpg

やっと、シリンダーに手が届きそうです。
問題が山積みですが、頑張っていきます。

また、ドバーっと更新にならないよう、豆に豆にと。。。。




金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P7

  • 更新日:
ギヤケースの取り外し

DSC_0677.jpg
ギヤケースのナットは、CRC556漬けでなんとか外せました。
しかしプーリーが外せません。。。。結局プーリー抜きを購入約5000円 また使うことがあるでしょう、、、
DSC_0678.jpg
中心の黒い部分を締めていくと、パコンと外れました。
専用の作業台を作りました。もっと早く作ればよかったです。。
DSC_0681.jpg
外れたプーリーです。
ギヤケースを外す為には、ハンドスタートハンドルを差し込む場所のカムシャフトの端の部分のピンを抜かないと駄目です。あと、FOフンシャポンプも!!←後に知らないので、大変苦労しました。
カムシャフトのピン抜きから始めます。
DSC_0657.jpg
中央左の部分です。取り外したプーリーはその下です。
DSC_0699.jpg
インパクトドライバーを利用したら、片方を簡単にバカにしてしまいました。
DSC_0701.jpg
周りにスペースがあったのが幸いして、グラインダーマイナスのネジのように深く削り、何とか外すことが出来ました。
DSC_0700.jpg
外した部品です
DSC_0707.jpg
六角レンチで上手くはまらなかったので、星型でためしたらジャストフィット!錆錆の偶然か?わかりません!
無事外し、邪魔になるピンを抜きました。
DSC_0709.jpg
もう邪魔は無い!!
DSC_0705.jpg
プーリの固定用のピンも邪魔でした。。。ペンチで本気でつまんでやっとこ抜けました。
さて、ギヤケースが外れると思い 一時間の苦戦
原因は、FOフンシャポンプが内部で引っかかってるようです。
外します。
DSC_0718.jpg
これが、カムシャフトに接触しながら仕事をしてるのに、横から抜こうとすれば干渉しないわけがないです。でも、知らなかった。。。。。
DSC_0711.jpg
なんとか、外れました。バーナーで温めて、パッキンを柔らかくして、、、まあ簡単では無かったですね。。。
カムシャフトなどは!!
DSC_0714.jpg
こんな感じです。大変そうなので、可能なら弄りたくありません。。。。。。






金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P6

  • 更新日:
さて次は細々した物を外していきます。

FOフィードポンプを、外します。
DSC_0608.jpg
写真中央部の部品です。
DSC_0658.jpg
燃料入り口が、錆錆びです。 交換が必要かも?磨いてOKならいいのですがね。。。。
DSC_0659.jpg
取り外した部分です。
右側に見える青錆の部品、コック 1/4COMP ???も外します。何故か撮影してませんでした。。。しかし錆錆ですね。まあ、冷却用の海水が通るパイプ?なのでしょうがないですね。
DSC_0676.jpg
と思ったら、撮影してました。青錆を取り除いていたので、気がつきませんでした。。。


次は、スターティングモーターを外します。




スターティングモーター(セルモーター)

スターティングモーターとハーネスをセットで外します。
DSC_0611.jpg
写真中央右側の部品とデンキコードです。
DSC_0660.jpg
DSC_0661.jpg
ユアツスイッチの電線を外します。
DSC_0662.jpg
スターティングモーター自体は、2個のボルトを外せばOKです。引っ張るとポロッとは外れました。
DSC_0668.jpg
あとは、ハーネスを外します。固定金具を外していきます。
DSC_0665.jpg
外します。
DSC_0672.jpg
外せました!!!!
DSC_0670.jpg
ちなみに、スターティングモーターが、抜けた後です。
DSC_0675.jpg
LOパイプ(LUB. OIL LINES)がやっと外せます。スターティングモーターの裏側に隠れている部分があるので、厄介です。
もっと厄介なのが、パイプ系の意味、経路が理解できていないです。調べるのに、まとまった時間が必要かも??













金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P5

  • 更新日:
シリンダヘッド
DSC_0623.jpg
錆び錆びのボロボロ 
DSC_0630.jpg
怯みながらも、FOフンシャポンプの部品を外してみました。
DSC_0629.jpg写真中央の部品、キュウキカンを外します。
DSC_0631.jpg
簡単!!
DSC_0621.jpg
写真中央下の大きなボルトがシリンダヘッドのボウショクアエンです。亜鉛が溶ける事で、鉄部の海水による腐食を防ぐための部品です。2GMは二ヶ所にあります。

DSC_0639.jpg
亜鉛は殆ど溶けていました。。。
さて、シリンダヘッド本体を取り外します。
DSC_0635.jpg
写真奥に3本央3本 手前2本の合計8本で止まってるようです。奥の3本は、手強く一晩CRC556で馴らしてからバーナーで攻撃でやっととれました。しかし根本から取れたので単純に力任せかも?
鉄パイプをつかいレンチを延長してまわしました。
DSC_0640.jpg
バルブとの接点が錆びてしまってます。致命的に近い状況です。。。。。。。(泣
DSC_0641.jpg
DSC_0643.jpg
シリンダヘッドはこんな物です。
DSC_0646.jpg
シリンダーとピストンが見えました。写真左側が完全に終わってます。。。。。。。(泣
DSC_0649.jpg
取り外した部品です。バルブを操作する部品の名称が分かりませんが、取り外しました。
DSC_0654.jpg
いろいろな意味で大変です。高圧洗浄機で水洗いして、即油漬け これ以上錆びたらヤバイです。







金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P4

  • 更新日:
FOストレーナー

FOストレーナーの取り外し
DSC_0601.jpg
DSC_0602.jpg
DSC_0603.jpg
3枚撮ってました。意図が分からないですが、、、参考資料としてUPします。
DSC_0605.jpg
外せました。部品数はこんな感じです。

次はボンネットです。


ボンネット

DSC_0607.jpg
中央の部分、エンジンの一番高い部分です。ボンネットと整備マニュアルには書いてあります。チョコチョコとボルトを外しています。
DSC_0617.jpg
二個のボルトで固定されているようです。簡単に外せました。デコンプレバーはそのままくっ付いてきます。一安心!

DSC_0622.jpg
シリンダーヘッドが、見えました。 初めて見ます(汗  少し怯みました(笑





サーモスタット
DSC_0610.jpg2GMラベルの右上の部品です。

DSC_0611.jpg
ワイヤーハーネス(電気の線)が繋がってます。メンドウ、、
DSC_0616.jpg

こんな感じで外していきます。

DSC_0619.jpg
腐食が深刻ですね。サーモスタットセンサー(スイッチ?)の交換は確実ですね。サーモスタットは、冷却水の温度で冷やすか冷やさないかを判断する部品です。


金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P3

  • 更新日:
FOパイプ (FUEL LINES)
DSC_0575.jpg
中央の錆びたパイプがFOラインです。燃料を運びます。
DSC_0574.jpg
最初の画像の左下の部品は、FOフィードポンプです。まだ、分解していないので構造は分かりませんがポンプなので燃料を送る装置なはずですね。回転しないポンプって事は、石油のシュポシュポみたいな原理でしょうか?
DSC_0578.jpg

最初の画像の右上の丸い筒みたいのは、FOストレーナーです。通称があるはずですが、何でしたっけ。。燃料フィルターとか燃料エレメントとかそんな感じの呼び名だったはずです。燃料を濾す装置です。
DSC_0579.jpg
FOパイプを外しました。錆錆で使えるか心配です。こんな部品でも、5000円くらいするはずです。


FOパイプ その2

DSC_0581.jpg
FOパイプが3本写ってます。中央上部がFOモドシパイプです。
長い二本がFOフンシャパイプです。
DSC_0589.jpg
DSC_0592.jpg

FOモドシパイプはこんな感じです。普通にレンチで外れます。パッキンが上下にあります。取り付けの時に注意です。何で燃料を戻すか?存在理由が分からないです。

DSC_0584.jpg
燃料フンシャポンプです。下のカムシャフトの回転によって燃料を送り出しているようです。FOパイプは、普通に取り外せます。
DSC_0583.jpg
途中に止め具があります。外します。

DSC_0580.jpg
DSC_0582.jpg


FOフンシャベンに繋がってます。燃料フンシャ弁は、シリンダーに燃料を送り込む大切な部品です。これからOHします。
FOパイプは、簡単に外せます。

DSC_0594.jpg
外せました。パイプの内側の清掃で使えればよいのですが、心配です。

FOパイプ その3

DSC_0590.jpg
FOストレーナーから、FOフンシャポンプまでのパイプです。キレイにした燃料を、ポンプに送るパイプです。

DSC_0595.jpg
ボルトの中にナットが?外してみると!!!!燃料フンシャ!!
オイル漬けにしてるので、UW40かクレ556が溜まってたのだと思います。
こんな場合、上から外すか?下から外すか?正解はどちらなのか?調べる宿題とします。
FOパイプの両ハジのナットを外せば簡単に取れます。

DSC_0604.jpg
右側が今回のFOパイプです。(左は前々回のFOパイプ)


これで、FOパイプ系は終わりです。
次から本格的な解体作業です。








金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏 2GM P2

  • 更新日:
とりあえず、解体の様子をアップします。



キュウキサイレンサ、エレメント取り外し



DSC_0549.jpg
キュウキサイレンサとエレメントです。

DSC_0550.jpg
DSC_0582.jpg
吸気管を外します
DSC_0581.jpg
FOフンシャパイプとFOモドシパイプが、きちんと見えます。
ちなみに、FOとか意味分かってません。FUELの訳らしいけど、燃料?シリンダーに燃料を送ってるパイプっぽいので、間違いないと思います。
DSC_0562.jpg

バラバラにならないように、パックに入れます。


ゼネレーター(オルタネーター)取り外し

DSC_0555.jpg
こんな感じで付いてます。
シャリシャリ回るので、OHが必要です。

DSC_0554.jpg
裏には、配線があります。ゼネレーターは直流電流なので、+と?があるはずです。二本線が左側と覚えられないので、カシャっと記録したようです。

DSC_0558.jpg
外すとこんな感じです。

DSC_0560.jpg
取り付け部品を順序よく外すします。

ミキシングエルボ外し

DSC_0563.jpg
ミキシングエルボは、エンジンの排気ガスの流れにエンジンの温度調整に使った冷却水(直接冷却なので海水)を流し込んで、海に戻すための部品です。
穴は無いようです。
DSC_0564.jpg
サーモスタットからパイプが繋がってます。これを外します。

DSC_0569.jpg
部品はこんな感じです。

ブリーザーの取り外しです。
DSC_0571.jpg
ブリーザーって部品らしいです。おそらく、オイルをヘッドの重要な部品達に注ぐための部品?
パイプの反対側が事前に外してあったので、写真がありません。オイルのポンプに繋ぐのだと思います。
DSC_0573.jpg
後で調べる№1 ブリーザーの元



金持ちじゃないけど憧れのヨット生活までの道のり 格安エンジン偏

  • 更新日:
私の所有している古い古いヨットN301Tに載ってるエンジンは、YS8 一言で言えば化石のようなエンジンです(汗
1244550079_2.jpg
それを、使える骨董品ってイメージの2GMに載せ替えようと探して丸二年!
内地の船舶系の中古業者に電話したら、その方が宮古島に出張してるとの話から偶然にも宮古島に眠っている中古エンジン2GMを購入することができました。
本当は2GM20(16Ps)欲しかったんですけど、初期型の2GM(13Ps)ですが、5万円なので満足しています。通常中古で20万円、業者に頼むと込み込みで50万近くかかるそうです。
blue19002002-img600x338-1410166600gtwgnq14937.jpg
上の写真は、整備済みの2GMです。


私が購入したのは、これ ↓↓↓

DSC_0608.jpg
DSC_0611.jpg
DSC_0612.jpg
DSC_0613.jpg
さすがに痛んでます。錆からか?回りません。。。。。

記録も含め、オーバーホールを書いてみようと思います。



久々の更新 言い訳

  • 更新日:
データー用ハードディスクとバックアップ用ハードディスクが、ほぼ同時クラッシュしから半年ちょっと。同じHDDを購入にして分解修理に挑んで、サクッと失敗してから半年。
よんなよんなOPENからの殆どの画像が消えてしまいました。サーバーにUPしていた分は、残ってるのでそれだけが救いだったかも?
なんて書いてますが、多望&不精者なので一度更新の間が開いてしまうと半年とかズルズルしちゃうんです。反省。。。。。

今回、Facebookも少し弄り、ブログにバナーを貼ったりしました。

今度こそ、豆男に変身したいと思ってまーす。

ヨットのエンジン ヤンマー2GMを購入できました。
オーバーホールしてますので、記録の意味も含めて豆に更新します。
楽しくないブログ確定って感じかも。。。。。。

DSC_0192.JPG
宮古島は、11月半ばまで夏ですー!

このページの上部へ

プロフィール

よんなよんな

2012年7月に、一棟貸しコテージ よんなよんなをオープンしました。こちらもよろしくお願いします。2010年10月に移住して、思惑とは逆方向に全速力で走ってしまいました。今度こそ、ゆっくり!よんなぁーな日々が訪れる予定なので、ゆっくりーのんびんりーぬるーい生活を書いていきます!!!

ぬかぬか

2013年7月にオープンした3人様までの貸切宿、ぬかぬかへのリンクです。少人数でもリーズナブルに面白くご宿泊できるようリノベーションしました。






川島大助のFB

スマフォに対応

3Dバーコードをクリック又は読み取りしてください。

スマフォのアドレス

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSC_0025.JPG
  • 2218-524.jpg
  • DSC_0736.JPG
  • よんなよんな 宿泊 宮古島 貸し別荘 コテージ 海 (1).png
  • DSC_0019.JPG
  • 20140704111236.jpg
  • DSC_0613.jpg
  • DSC_0677.jpg

最近のコメント